ダクト製作


株式会社中川製作所 生産統括部(川口工場、栃木工場及び横浜工場)は、ISO9001:2015とISO14001:2015両方の認証を取得、高品質で環境に配慮した製品を提供いたします。


空調ダクト製作の流れ

❶ 製作受付


当社工事部門または営業部門が発行する製作依頼書の内容を確認、製作を受付

データ入力
❷ データ入力


パソコンを使用して、製作部材を展開、各製作班に製作を指示

切断等加工
❸ 切断等加工


プラズマ切断機で鉄板を切断、またはプレス機械を用いて部材を加工

折曲加工
❹ 折曲加工


ハゼ、共板フランジ部分を折曲加工、鉄板を組合わせる為の接合部を製作

中間検査
❺ 中間検査


製作依頼通りの寸法、仕様か否かを検査

中間検査
❻ 組立・溶接


ハゼを組み筒状に組立、板の厚い部材は溶接で加工

組立・溶接
❼ 仕上げ


リーク(漏洩)防止のためのコーキング材塗布、必要な場合は塗装を施す

仕上げ
❽ 完成品検査


キズやへこみがないか外観を検査、また抜き取りの寸法検査も実施

完成品検査
❾ 出荷

当社工事部門または営業部門が指定する場所、日時に合わせて、搬入車両へ積込み、出荷

出荷

製作工程に関する動画


鋭意作成中


ISOについて

ISO9001 ≪品質マネジメントシステム≫


株式会社中川製作所川口工場は、業界に先駆け1999年3月にISO9002:1994の認証を取得しました。

その後、規格改正や認証範囲を拡大し、現在は株式会社中川製作所生産統括部(川口工場、栃木工場及び横浜工場)としてISO9001:2015の認証を取得、3つの工場が、統一された基準・手順に基づいて品質管理を実施しています。

ISO14001 ≪環境マネジメントシステム≫


株式会社中川製作所川口工場・栃木工場は、2011年3月にISO14001:2004の認証を取得。

現在は横浜工場も認証範囲に加えISO14001:2015に認証を切替え、製造過程において、環境に過度な負荷をかけず、公害を防止するための取り組みを実施しています

PAGE TOP