先輩社員の声

先崎剛史 第一生産部第二製作班班長 入社15年目

入社したきっかけはなんでしたか?また現在のお仕事を教えてください

空調の仕事が面白そうと考えたからですね。
空調は日常のなかであまり意識はされないものですが、大勢の人たちが快適に暮らすためには必要不可欠です。とても大切なものであり、関わりたいと思いました。
そのなかで、中川製作所がダクトの老舗と知り、入社を決めたんです。
現在は工場でダクトの製作を行っています。

今の仕事の「魅力」「面白味」「醍醐味」は何ですか?

鉄板がさまざまな工程を経て立体的なダクトになり、さらにそれが私たちの手を離れ建築物の一部となって取り付けられることに魅力と面白さを感じます。
また、班が一丸となって納期までにきちんと作り終えた時の達成感も気持ちいいですね。班のメンバーは年齢も性格もバラバラですが、とてもチームワークがいいんです。

仕事をしていて「つらい」「難しい」と思うことはありますか?また壁にぶつかった時はどやって乗り越えましたか?

どんな仕事もそうだと思いますが、繁忙期は大変ですね。忙しさに追われてつい自分を見失いそうになりますが、自分が成長できるチャンスだとも考えています。
工場全体に協力体制ができていて、忙しい人がいれば当然のようにフォローする仲間たちの存在にもずっと助けられてきました。

仕事をするうえで、心がけていることは?

段取りと最終確認の徹底を重視して、一点に集中せず周りをよく見るように心がけています。班長という立場なので、自分だけの仕事に没頭してしまうのではなく、全体のバランスを見ることを大切にしていますね。
安全第一と観点でも、全体を俯瞰でしっかり見ることが大切だと考えています。

自分の描く将来像は?10年後、自分のキャリアはどうなっていると思いますか?

工場長です!
現在も、私たちはイキイキと働けていますが、それは工場長の力が大きいのです。自分もまた、みんなにイキイキ、のびのびと働いてもらえるような工場長になることが目標です。

会社の雰囲気を一言でいうと?

個性派揃いなのでとても面白いですよ。そして和気あいあいとして、非常に明るい雰囲気です。
社員はみんな、めりはりの効いた働き方を大切にしています。仕事に関してはとても熱心ですが、仕事が終わったらさっと帰宅しますね。みんな家族を大切にしたり、趣味の時間に費やしたりするなど、プライベートを大切にしています。
もちろん、お酒を飲むのが好きな人同士は一緒に飲みに行っていますよ。でも、付き合いを後輩に強要するようなことはないですね。

中川製作所は、どんな人が向いていますか?

能動的なほうがいいという点で、「初球ストライクを振りにいける度胸のある人」や、納期が近づいても慌てず、しっかりと丁寧に仕事ができる「土俵際で粘れる根性のある人」は向いていますよ!

五十里渉 本店第一工事部 入社5年目

入社したきっかけはなんでしたか?また現在のお仕事を教えてください

建築系の大学に通っていましたが、自分は机に向かって設計するよりも、現場で動くほうが向いていると考えていました。そんな風に思っていたところ、先輩から「専門性のある会社のほうが集中して学べるので仕事も覚えやすくていい」と言われ、ダクトを専門とする中川製作所に入社しました。高い品質を誇る会社で、専門性の高い技術を身につけながら働けるのでよかったと思っています。
現在は現場を監督する部署で工程管理などを行っています。仕事内容としてはデスクと現場が半々なのですが、私の場合はほとんどの時間を現場で過ごしています。

今の仕事の「魅力」「面白味」「醍醐味」は何ですか?

いろんなところに行けるのがいいですね。それもあまり人が行けないところに行けます。例えば、有名なショッピングビルの裏側などですね。いろいろな場所を体験できて楽しいですね。施工を行った建物の前を通りかかった時には、「ここは俺らがやったんだよ」と、ついつい家族や友達に自慢してしまいます(笑)。
あとは何よりみんなと一緒にやって終わった時の達成感ですね。

仕事をしていて「つらい」「難しい」と思うことはありますか? また壁にぶつかった時はどのように乗り越えましたか?

監督は現場の品質管理、安全管理はもちろん、スケジュール管理もしなくてはなりません。しかし、お客様から突然のオーダー変更があったり、建物の工事全体のスケジュールがずれこんできたりした時には大変ですね。しかも自分のポジションは、その大変なスケジュールを工場や現場の技術者に伝える、いわば「お願いする」立場でもあるわけです。心のなかでは申し訳ないと思いつつ、かといってスケジュールの変更だけは行うことができません。そんな時にも会社の皆さんは励ましてくれるし、いい仕事をしてくれます。本当に感謝していますね。

乗り切る方法はやっぱり気合! 若手と呼ばれるうちはそうやってがむしゃらでもいいと思っています。

仕事をするうえで、心がけていることは?

「分からない人目線で考える」「分からないことはすぐに確認する」、ですね。
仕事に慣れてくると「分かっているつもり」になりがちです。しかし、施工現場ごとに状況が異なり、商品の仕様などにより、新しく学ばなくてはいけないことも多々あります。だから知ったかぶりじゃダメです。先輩からも「分からないことはすぐに聞け」と言われています。
また、現場を監督する立場として、つい相手も「分かっているはず」と思いこんで説明しがちです。しかし、相手もつねに全部を把握しているわけではありません。それなのに自分が先走っては大きなミスにつながります。面倒がらずに一から丁寧に説明することを大切にしていますね。同じ部署の後輩に対して指示をする時にも、それを心がけています。

自分の描く将来像は?10年後、自分のキャリアはどうなっていると思いますか?

一通り仕事を覚えてひとりで管理業務ができるようになりたい。尊敬できる先輩がいっぱいいらっしゃるので、その背中を見ながらどんどん経験を積んで学んでいきたいです。

会社の雰囲気を一言でいうと?

個性派の方々が揃っていて面白いですね。部署間の垣根もなく、都合が合えば部署を超えてお酒を飲みに行ったりもしています。面倒見のいい先輩がとってもかわいがってくれますよ。

中川製作所は、どんな人が向いていますか?

体を動かすのが好きな人、そして人と話すのが好きな人が合っていると思います。面白い社員が多いのでいろいろ話すと楽しいし、勉強にもなるので、コミュニケーションを大切にする人がいいかもしれませんね。
上司からはよく「一人前になるのには10年かかる」と言われます。裏返せば、それは時間をかけて丁寧に人材を育てようとしてくれていることです。だからあせらずに、しっかりと仕事を覚えたい人におすすめです。

古橋和也 営業本部 営業購買部 営業課 入社6年目

入社したきっかけはなんでしたか?また現在のお仕事を教えてください

営業を担当しています。もともと営業をやりたかったのですが、やるならば自社の工場がある会社がいいと思っていました。自社工場がある会社で自社の製品を売るほうが、自信を持ってすすめられると考えたんです。

今の仕事の「魅力」「面白味」「醍醐味」は何ですか?

年間100件以上請け持つので、いろんな人と出会い話ができるということです。人として成長できるし、交渉力、ヒヤリング力も磨かれます。

仕事をしていて「つらい」「難しい」と思うことはありますか?また壁にぶつかった時はどやって乗り越えましたか?

正直、「つらい」とか「しんどい」と感じる時はないですね。周りには頼りになる上司、先輩がいるし、実力以上の仕事の依頼を受けた時には新しい方法を考えればいいと思っています。
営業先も基本的には飛び込みではなく、長いお付き合いのあるところばかりです。また、当社はダクト施工に関しては名が知られているので、社名を出せばすぐに分かってもらえます。営業としてはとてもやりやすい環境です。

仕事をするうえで、心がけていることは?

何より「丁寧」「迅速」を大切にしています。
一度限りの納品も多いので、ひとつのミスが会社全体の信用に大きく関わってきます。また、営業がミスをしたり、のんびり仕事をしていたりすると工場や現場にも迷惑をかけてしまいます。お客様をお待たせしないためにも、迅速かつ丁寧に仕事を進めるようにしています。

自分の描く将来像は?10年後、自分のキャリアはどうなっていると思いますか?

自分の仕事をしっかりやっていくことがまずは大切です。しかし、別の夢もあります。
現状の顧客は100%近く建設業者ですが、今後はほかの業界にも使っていただける製品を提案していきたいです。あくまでも個人的な夢ではあるのですが、そんな風に思わせるだけの技術が中川製作所にはあるんです!
中川製作所の魅力を、もっともっと、多くの方に伝えていきたいですね。

会社の雰囲気を一言でいうと?

部署間の垣根が低く、みんなの顔がよく分かる会社です。社内の風通しもよく、アイデアがあれば相談もできます。また、困った時には親身にアドバイスにのってくれる上司・先輩、そして仲間がいる温かい会社です。
連帯感が強く、一緒にお酒を飲みに行くこともあります。その一方で、付き合いを無理強いすることはありません。プライベートを大切にしている人がほとんどです。休みもとりやすくて、私個人は自転車やバイク、登山などを楽しんでいます。

中川製作所は、どんな人が向いていますか?

分からないことがあっても一からやさしく教えてくれるので、これから新しいことを始めたい人には向いています。あとはちゃんと話を素直に聞けることが重要ですね。
営業の仕事は裁量に任されている部分が多く、自分でスケジュールを組んで、自分らしい営業スタイルを模索していくことになります。積極的かつ自発的に働く人が合っていますね。

中川陽介 本店工事部 入社5年目

入社したきっかけはなんでしたか?また現在のお仕事を教えてください

前職はシステム関係の仕事でした。もともと手先を使ってモノづくりをすることが好きだったのですが、後々にも残るものを作りたいと考え、中川製作所へ転職しました。
現在は施工現場にて工事の仕事を行っています。

今の仕事の「魅力」「面白味」「醍醐味」は何ですか?

チームワークでモノを作り、完成した時の喜びはひとしおです。都心の有名な建物もいくつも担当しましたが、そういう場所でたくさんの人たちが快適に過ごしているのを見るとうれしくなります。

仕事をしていて「つらい」「難しい」と思うことはありますか?また壁にぶつかった時はどやって乗り越えましたか?

現場の最終工程を迎えたあたりは、正直、厳しいと感じる時があります。ひとつの建物の工事は、私たちのようなダクトを設置する会社だけではなく、いろんな業者が入って行います。また、施主様や元受け会社の事情や、お天気も関わってきて、その過程でひとつでもズレや不都合、見直しがあると工程がどんどん後ろ倒しになっていって、私たちのところに来た時には日程が足りなくなっていることが多々あるんです。
しかし、私たちの現場では「終わらない工事はない」と考えています。けして終わらない工事はないのだからと、お互いに声を掛け合いながら、でもけしてあせって手抜きにならないようしっかり仕上げます。そして、完成したうれしさが次の仕事への糧になります。

仕事をするうえで、心がけていることは?

しっかり準備をすることです。先輩に「10割の仕事のうち7~8割が準備。その残りが施工。準備がちゃんとできているかが成功の秘訣」と言われ、今もその言葉を大切にしています。
あとは整理整頓を心がけています。現場がきれいかどうかは仕事にとても影響します。きれいだとミスもなくなるし、安全管理にも関わってきます。

自分の描く将来像は?10年後、自分のキャリアはどうなっていると思いますか?

今は先輩の元で2番手、3番手というポジションで仕事をしていますが、リーダーになって現場を担当するのが今の目標です。そして技術、知識を高め「あいつに聞けばなんでも分かる」「あいつに任せれば大丈夫」って思ってもらえるような技術者になりたいですね。

会社の雰囲気を一言でいうと?

サバサバしている人が多いのでとても気楽です。家族の用事がある時などは早めに伝えておくと、しっかり休ませてくれます。
ひとつの現場が終わるとお疲れ様会を催すことが多いのですが、たわいもない趣味の話から、人生相談や仕事の話までいろいろと語り合います。かなりヒートアップする時もありますが、それがストレス発散になり、チームワークを高めるのに役立っています。

中川製作所は、どんな人が向いていますか?

中川製作所ならば高い技術が覚えられるので、手に職をつけたい人に最適です。
しかし、技術系といってもやっぱりコミュニケーション力は必要です。お客様や一緒に働いている仲間、他部署の者などと積極的にコミュニケーションがとれたほうが、仕事を覚えるも早いですよ。

PAGE TOP